家庭のいろは

母子家庭になる前の注意ポイント

子供を連れて離婚をする場合、事前から慎重に準備しておくことが重要である。
準備を怠ったせいで、あとで大損していたことに気づくというのも珍しい話ではない。
1.まとまった現金を確保しておく
離婚すると新しい住まいを確保する必要がある。
また、専業主婦だった場合は当面の生活費も必要だ。
2.仕事を確保する
母子家庭になるのであれば、仕事を確保する必要が出てくる。
特に専業主婦から働きに出る場合、条件の良い会社に就職するのは難しいことが多い。
パートなどから始めて、正社員へのステップアップを目指そう。
3.役所で各申請・手続きを行う
離婚届提出後、離婚届受理証明書を発行してもらおう。
これを発行してもらうことで児童手当、児童扶養手当(母子手当)、ひとり親家庭等医療費助成制度の申請が行えるようになる。
4.名義変更
苗字が変わったら、まず身分証である運転免許証の名義変更を行おう。
その後細かい保険の名義変更などを行っていく必要がある。
このように母子家庭になる前の注意ポイントにはいろいろある。
離婚と並行してこれらの準備も進めていくのが大切である。

今、お金が無くて苦しい 将来不安を抱えている方 先を見据えた副業しませんか? 母子家庭=貧乏? そんな常識壊します! 固定ツイートみてくださいね(^^)

— ayaka@副業はじめました (@ayaka_writer_) October 8, 2021

母子家庭になる前の注意ポイント : 旦那さんに愛され続けるためには : 仲良しの友達夫婦が羨ましいです

夫の浮気相手に会う夫の不倫相手の職場に突入